国内レース・四輪ライセンスを取得
ライセンス
ジムカーナ、レースなどさらに上のモータースポーツイベントに参加するためには、JAFが発給するライセンスが必要になります。JAF=日本自動車連盟はロードサービスでおなじみですが、全国的にモータースポーツを統括する団体でもあります。
ライセンスには国内と国際があり、国内の中でもA級B級の区分があります。最初に取得できるのは国内B級ライセンスで、この資格を得ると、ラリー、ジムカーナなどのスピード行事と呼ばれるイベントに参加できます。ただし、レースには参加できません。
レース参加のためには国内A級ライセンスが必要となります。まずはB級ライセンスを取り、レースを除く競技会(ラリー、ジムカーナ、ダートトライアル、サーキットトライアルなど)に1回以上出場し、完走することが条件となります。これで「A級ライセンス講習会」の受講資格が得られます。
国内B級ライセンス講習は座学のみ
国内B級ライセンスの場合は、2時間程度の講義を受けるだけで、実技講習も試験もなく、申請が可能です。受講のための条件は自動車運転免許を持っていることと、JAFの会員であることという2点です。JAFへの入会に関しては事前に行わなくても、講習会当日にも手続きは可能です。
日程ほか詳細はこちら:JAFモータースポーツ http://www.jaf.or.jp/msports/
A級ライセンス取得……の前にJAF公認競技会へ参加
レースを目指しA級ライセンス取得のためには、B級取得後、1回以上、JAF公認競技への参加が義務づけられています。特別な装備を持たないクルマに乗るビギナーにも参加しやすいのはジムカーナもしくはサーキットトライアルでしょう。サーキットトライアルはラップタイムを競うイベントで、走行会感覚で参加可能です。
これらイベントに参加して、競技会出場証明をもらえばA級ライセンス講習会への受講の資格が得られます。
A級の講習はサーキットで
競技会出場証明をもらって、雑誌などで講習会の日程を確認、電話で受講を申し込みます。B級の場合とは違ってA級の講習はサーキットで行われます。レース中に振られる旗の意味などの講義の後、簡単な筆記試験が行われます。さらに実際にコースを旗に従って走行できるかをチェックするための模擬レースが行われ、適格と主催者が判断すれば、いよいよA級ライセンス申請です。
実績を積んでステップアップ
国内A級ライセンスを取得して、レースの実績を積んでいくと、国際ライセンスへステップアップすることができます。国際ドライバーライセンス(A・B・C)には講習会はなく、すべてレース出場回数や実績(成績)を重ねて取得していきます。詳しくは、JAFモータースポーツホームページへ。
二輪取得・条件料金
(C) 2007 TOYOTA MOTOR CORPORATION, All Rights Reserved.

各種手続き(公道編)

2種
更新
講習
免停
罰金
JRPA_Suzuki